AFV ドイツ

スポンサーリンク
AFV ドイツ

ヤークトパンター G1型 Sd.Kfz.173 メンモデル 1/35 ウェザリング追加

以前組んだメンモデルのヤークトパンターの塗装が単調だったのでもう少しウェザリングを追加してみました。ついでに戦車兵を1体乗せました。
AFV ドイツ

ドイツ重戦車 タイガーI 極初期型 アフリカ仕様 タミヤ 1/35

タミヤのタイガーI戦車、北アフリカに配備された初期型です。AFVクラブの連結履帯を使用してパッションモデル図のエッチングパーツも少し使用しました。マーキングは第501重戦車大隊第1中隊131号車、1942年のチュニジアでの車両です。
AFV ドイツ

ドイツ連邦軍 ゲパルト自走対空砲 A1/A2 メンモデル 1/35

MENGのゲパルト自走対空砲を製作しました。ドイツ連邦軍の車両を初めての製作です。マーキングは1989年のドイツ連邦軍第2装甲対空砲大隊第2連隊ヴェスターヴァルト・キャラバンガードです。
スポンサーリンク
AFV ドイツ

ヤークトパンター G1型 Sd.Kfz.173 メンモデル 1/35

ヤークトパンターが完成しました。シャーシなどはパンター戦車からの流用です。主砲は71口径の88mm砲を搭載しているのでキングタイガーと同様に強力な武装です。MENGのヤークトパンターのキットは全体的に合いが良いのであんまり考えずになんとなく手を動かしているうちに完成しました。パーツの取捨選択がちょっと面倒ですがMENGのこだわりポイントなのでしょう。
AFV ドイツ

パンターD型 Sd.Kfz.171 メンモデル MENG MODEL 1/35

メンモデルのパンターを製作しました。この戦車のマーキングは第11装甲師団第10装甲旅団第39戦車連隊第52大隊第6中隊第3小隊2号車です。シュノーケルを立てた状態で組み立てたのは珍しい。
AFV ドイツ

Sd.Kfz.251/9 Ausf.D 短砲身75mm砲搭載型 カノーネンワーゲン 後期型 AFVクラブ 1/35

ドイツ軍のハーフトラック、Sd.Kfz.251/9、カノーネンワーゲンを製作してみます。251ハーフトラックはかなり多くの派生型が製作されており、このカノーネンワーゲンは短砲身の75mm砲を搭載したタイプです。マーキングはドイツ陸軍第20装甲師団の東部戦線でのもの、1944年夏頃です。師団マークは敵陣突破を模したものと思われます。
AFV ドイツ

III号突撃砲E型 ブロンコ 1/35

ブロンコのIII号突撃砲E型です。マーキングは1941年の東部戦線での第177突撃砲大隊です。連結履帯が最初からキットに入っているのは個人的に評価の高いポイントです。全体的に角ばったフォルムやアンテナケースの頼りないところが意外と好き。
AFV ドイツ

ドイツ 2cm 38(t)対空戦車 トライスター 1/35

トライスターのドイツ2cm38(t)対空戦車を製作しました。ついでに2cm対空砲のフィギュアが手元にあるので車両に合わせてみました。ちょっと窮屈なんですけどね。マーキングは第12SS装甲師団、ヒトラー・ユーゲント師団です。なのに搭乗員はおっさんばっかりだ。
AFV ドイツ

キングタイガー ヘンシェル砲塔 Sd.Kfz.182 ドイツ軍重戦車 メンモデル 1/35

MENG MODELのキングタイガーです。サスアームが前方から見てハの字に歪んでしまうのは組立工程を工夫することで修正可能でした。お値打ちな価格でリリースしてくれたのは評価できます。ツィンメリットコーティングデカールの取り扱いは珍しい作業でした。
AFV ドイツ

IV号戦車C型 ドイツ軍中戦車 トライスター 1/35

トライスターのIV号戦車C型です。懐かしいキットですね。マーキングは第1装甲師団です。青っぽいジャーマングレーもたまには趣が違って面白いです。武装は24口径の7.5cm砲と7.92mm機関銃です。兵装は強力というわけでも無いのでWWII中期以降は二線級部隊に配備されていました。
AFV ドイツ

II号戦車J型 VK16.01 ドイツ軍軽戦車 ホビーボス 1/35

ホビーボスのII号戦車J型です。ドイツ軍の軽戦車、重装甲で防御力が高い偵察戦車です。マーキングはどうやら秩序警察、Ordnungspolizeiとよばれている部隊のマークのようです。WWII中期に地中海方面かクロアチアあたりに展開していた部隊の車両ではなかろうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました