Su-30MK フランカー アカデミー 1/48

スポンサーリンク
航空機 ロシア
スポンサーリンク

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
今回は久々に現用ロシア軍戦闘機を作ってみます。大昔にアカデミーから発売されていたものです。だいぶ前に製作し始めて途中で放り出していたものです。今回、最後まで何とか作ってみようと思います。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
おおぉ!箱を開けるといきなり機体の上下パーツがあります。気合入っていますね。
このキットはSu-27のキットに、Su-30用のパーツを追加で入れて販売しているものとのことです。説明書を見るといろいろと加工が難しそう。垂直尾翼の形状が違うのでウルフパックの改造用キットがおすすめらしい。
金型改修版とあるのはSu-30MKにするにあたり、間違った部分を改修したのか、あるいはSu-27からコックピット周りなどのディテールを改良したのかどうなんだろう。フランカーの専門家でも現用ジェットに詳しいわけでもないので残念ながらよく分かりませんが多少は改善されているのではなかろうか。
でも垂直尾翼の上端部分を切断して違うパーツをくっつけろとか書いてあるのでそれでいいのかな。それとSu-30MKにはカナードが付いていないけどインド軍への輸出モデルなどはカナード付きだったりと形式が違うといろいろ違うみたい。ドイツのIV号戦車でもD型やG型では随分と違う箇所があるのでそういう感じなのかも。フランカーファミリーは派生型などいろいろあってややこしいですね。
要するに垂直尾翼の上端がSu-27やSu-30では斜めに後方に向けて下がっているけどSu-30MKはそんなに下がった形をしていないということかな。むしろ垂直尾翼の上端が水平なのが正解なのだろう。垂直尾翼のラダーの大きさも本当の形はもっと大きいようです。まぁいいや・・・、とにかく完成させられるか手を動かしてみよう。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
とりあえずは機体内部に組み込むパーツを接着したりペイロードを取り付けるのにたくさん穴を開けたりの作業です。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
いきなり機首をぶった切ってSu-30MK用のパーツに付け替えるようです。こういうパーツをザクザク切る作業は実はあまり好きではない。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
コックピットや計器パネルのモールドはけっこう良さそうですね。
(2021/09/06)

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
計器パネルなどのデカールが一切用意されていないので、しかたが無いので全部筆で描きました。サードパーティーのパーツなどを使用していないのでこれくらいで良いかな。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
本体の上下接着は大仕事です。機体後部から主翼、機首へと接着剤を使用しながらなるべく頑丈に接合しました。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
エアインテークにエッチングパーツを使用するようです。この金網は何かな?鳥の吸い込み防止かな。埃なども含めた異物吸引対策か何かだとは思いますけど。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
作っていると組立説明書はかなり簡素な感じです。でも意外とというかやはりというか、ほとんどの部品は貼り合わせが必要でミサイルなどの兵装も取り付けるので細かい作業がけっこう多い。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
ジェットエンジンノズル内部のモールドです。
(2021/09/19)

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
コックピット部分を無事に収納できました。特にどこかがぶつかるわけでもなく順調に組み立てています。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立 垂直尾翼の修正
ふむふむ、垂直尾翼の先端を切り飛ばして付け替えるわけですね。これでパッと見は正しい形状の垂直尾翼に変わるとな。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
やっぱり割と古いキットだからなのか、パーツにバリがあったり合わせにくい部分があります。機体が大きいのでそれぞれのパーツも大きくて豪快な組立になります。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
あとで細かいランディングギアを製作するのが面倒そうなのでそろそろ取り掛かっています。今回は全体塗装後に接着しようかな。

Su-30MK フランカー アカデミー 1/48 組立
説明書には特にオモリに関する記載はありませんでした。ただし製作途中ですが真ん中あたりでバランスを取るとけっこう後ろが重そうです。念のため2個くらい釣り用のオモリをレドーム内に入れておこうと思います。アカデミーの塗装指示の番号がややこしいのでいつも頭の中が混乱します。切り取っていつも確認できるように手元に置いています。
(2021/09/22)

コメント

  1. レオナルド より:

    おはようございます。

    今作はSu-30ですか!
    F-15シリーズと双璧をなす非ステルス戦闘機の完成形だけあって格好いいですね。
    1/48だとそうとう大きそうです。

    コックピットの計器類の手書き凄いですね!
    ある程度大雑把にやっても何とかなるAFVと違って神経使いそうです。

    • tkb02231@gmail.com より:

      けっこう大きいので取り回しに苦労します。大きくて平たい形で垂直尾翼が2枚あるので塗装が大変そうです。コックピットはキャノピー越しだとそんなに細かいところは見えないかと思います。手描きは大変ですけどモールドがしっかりしているのでやや塗りやすいです。マルチロールファイターとか呼ばれているのでそういう点でもF-15とライバルなのかな。シリーズが多過ぎてあまりよく把握しきれていませんがとにかく格好良い戦闘機です。

タイトルとURLをコピーしました