ハセガワ

スポンサーリンク
航空機 日本

大日本帝国陸軍戦闘機 キ27 九七式戦闘機 ハセガワ 1/48

今回の九七式戦闘機は塗装面のツヤに関しては自分の好み通りにエアブラシ塗装ができました。そういえば帝国陸軍機は作るの初めてでした。けっこう格好良いですね。マーキングは第101教育飛行連隊所属機、加古川飛行場、1942年です。乙型とありましたが、この乙型とはキャノピーの形が水滴型の中期以降に製造されたものです。
航空機 アメリカ

F-14A トムキャット 大西洋空母航空団 ハセガワ 1/72

マーキングはアメリカ海軍第31戦闘飛行隊 VFA-31「トムキャッターズ」で製作しました。クロネコをモチーフにしたアメリカ漫画のキャラクター、フィリックスが爆弾を持っている絵柄が特徴的です。航空母艦フォレスタルに搭載されていたものです。兵装はハセガワから別売りで出ている1/72スケール エアクラフトウェポンIII アメリカ空対空ミサイルセットを使用しました。AIM-54フェニックスを6本とAIM-9L サイドワインダーを2本です。
航空機 日本

シコルスキー SH-3D/HSS-2A シーキング 海上自衛隊 ハセガワ 1/48

ハセガワのヘリコプタープラモデル、シーキングです。海上自衛隊仕様で製作しました。このキットはデカール替えのスペシャルバージョンでアポロ宇宙船帰還時の回収任務を行った機体のデカールも付いていました。マーキングは海上自衛隊第121航空隊 千葉県の館山基地所属機 「71」番機としています。
スポンサーリンク
航空機 アメリカ

F/A-18C ホーネット ハセガワ 1/48

ハセガワのF/A-18Cホーネットを作りました。やられた~長期間積み過ぎてデカールがダメになっていました。スーパースケールデカールを使用してVFA-136、第136戦闘攻撃飛行隊ナイトホークスを作りました。米空母のジョージ・ワシントンにてD-Day記念日にイギリスを訪問した時のマーキングのようです。
航空機 日本

紫電改 後期型 川西 N1K2-J 大日本帝国海軍局地戦闘機 ハセガワ 1/48

ハセガワの紫電改を製作しました。今回のマーキングは第343海軍航空隊戦闘第407飛行隊長林喜重大尉機です。1945年4月のものです。第343海軍航空隊は昭和20年3月に四国松山上空でアメリカ海軍艦載機、F6FやF4U、SB2Cなどと空戦になり紫電改54機と紫電7機が敵機を52機撃墜という戦果をあげました。
航空機 アメリカ

P-40E ウォーホーク アメリカ陸軍航空隊戦闘機 ハセガワ 1/48

P-40Eを製作してみます。購入時に品薄で日本軍鹵獲機バージョンしか出回ってませんでした。今回選んだマーキングはアメリカ陸軍航空隊 第49戦闘航空群 第7戦闘飛行隊 "Typhoon McGoon"、1943年のニューギニアのものです。スーパースケールデカールを使いました。
航空機 日本

F-86F-40 セイバー 航空自衛隊 ハセガワ 1/48

ハセガワのセイバー、航空自衛隊の機体です。デカールにとても品質の高いものが入っています。マーキングは第3航空団第8飛行隊。北部航空方面隊の航空団の一つで青森県三沢基地をベースにしています。シルバー塗装は難しいけどたまには面白い。
航空機 日本

天山 一二型 中島B6N2 大日本帝国海軍艦上攻撃機 ハセガワ 1/48

ハセガワのプラモデル、天山を製作しました。マーキングは第752海軍航空隊、第256攻撃飛行隊。日中戦争で第1航空隊として主に地上攻撃を任務としていた部隊がオリジナルで1942年11月に第752海軍航空隊に改称しました。九一式改二魚雷を装備しました。
航空機 その他

メッサーシュミット Bf109E ブルガリア空軍 ハセガワ 1/48

ハセガワのメッサーシュミットBf109Eでブルガリア空軍機を作ってみました。エアロマスターのデカールです。ブルガリアは1941年3月に枢軸国側で参戦しました。当時ドイツから10機のBf109E-4を供与されました。
航空機 アメリカ

F-4E ファントムII 30周年記念塗装 アメリカ空軍戦闘機 ハセガワ 1/48

ハセガワのファントムIIです。結構前から積んでいたのでデカールが劣化してしまい苦労しました。とても使える状態ではなくマイクロスケールデカールに替えました。マーキングは第388TFW(戦術戦闘航空団)の第34TFS(戦術飛行隊)、ベトナム戦争時にタイのコラート米空軍基地から空対空任務や爆撃任務を行っていました。
航空機 ドイツ

アラド Ar234B-2/N ナハティガル ドイツ空軍偵察機 ハセガワ 1/48

ハセガワのアラドAr234B-2/Nです。ドイツ空軍の双発機なのでけっこう大きくなりますね。キャノピーのマスキングと機体上面のモットリング塗装がなかなか大変な作業でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました